2017年1月14日土曜日

サインや看板のファミリ

サインのファミリを作ろう


建物のサインを計画するときに、Revit内にサインを張り込むことが出きれは何かと便利です。デカル転写で行ってもいいのですが、汎用的なパネルファミリを作って、マテリアルで表示する方法がなかなか便利なのでこちらの方法をご紹介します。

面に張り付くファミリ


(1) ファミリを「一般モデル(メートル単位)、面付き.rft」で始める。
(2) ファミリカテゴリとパラメータで適切なカテゴリを選ぶ。今回は収納設備を選択しました。
適切なカテゴリを選択する
(3) 参照面を第一象限に下の図のように作成する。左下が原点になるようにする。
左下が画像の原点になるので
(4) 幅と高さのラベルを寸法に与える。
寸法にラベルを付ける
(5) [作成]-[フォーム]-[押し出し]で下図のようにスケッチして、ロックする。
長方形をスケッチして参照面にロックする
(6) プロパティウィンドウの[押し出し終端]のボタンをクリックしてパラメータ「奥行き」に関係付ける。
押し出し終端を「奥行」に関係づける
(7) 同じく「マテリアル」のボタンをクリックして、新規に「サイン」というパラメータを作成して関係づける。
マテリアルを新たなパラメータに関係づける
(8) 任意のサイン画像を使ってマテリアルを作成する。[管理]-[マテリアル]で新しいマテリアルを作成。
マテリアルの新規作成
(9) [アイデンティティ]タブで、名前テキストボックスに、適切な名前を入れる。ここでは「サインA」とした。
(10) [外観]タブの[イメージ]ボックスをクリックして、任意の画像を指定。画像サイズは大きくても512x512ピクセル程度まで。縦横比率はサインのサイズに合わせておく。
サインの画像を指定
(11) イメージボックスを再度クリックしてテクスチャエディタを開き、画像のサイズをサインの大きさに合わせる。ここでは300mmx300mmとしている。
サインの画像のサイズを指定する
(12) [外観]タブの▼情報に、適切な名前と情報を設定する。
情報の設定
(13) ファミリタイプで、以下のようにサイズとマテリアルを指定して、タイプを作成する。

ファミリタイプを作成
(13) リアリスティック表示にして、確認する。
マテリアルを確認する(リアリスティック表示)
同様にして、他のタイプも作成します。
さらに画像やサイズを変更してタイプを追加(リアリスティック表示)

側面の処理


3Dで表示すると、サインパネルの側面にもサインの画像が貼り付けられていることがわかります。これを一律に白色にします。
側面が黄色になる(リアリスティック表示)

(1) [管理]-[マテリアル]で上記の方法と同様に新規マテリアルを作成し、名前を「側面」、外観タブで色を白にして、光沢を0にする。
側面用のマテリアルを作成
(2) 3Dビューを表示して、[修正]-[ジオメトリ]-[ペイント]で側面にペイントする。
側面を「ペイント」(リアリスティック表示)
以上で完成です。プロジェクトにロードして配置してみましょう。
プロジェクトに配置されたサイン(リアリスティック表示)
画像とサイズを様々に変えて、いろいろなサインに対応できます。

2017年1月7日土曜日

建具リストチュートリアル(5)~3Dビューで姿図をつくる

建具姿図を3Dで作成


今回は次の図のように、建具姿図を3Dビューで作成してみます。
3Dビューに寸法とドアタグを追加する

作業ファイルをここからダウンロードしてください。

3Dビューの作成


(1) 「建具キープラン 1階」を開き、右上の階段室付近を拡大する。
(2) カーテンウォールを選択し、[表示]パネルの[選択ボックス]をクリック。
カーテンウォールを選択して「選択ボックス」
(3) ビューの名前を{3D}から「建具姿図 StD-1」に変更。
(4) ビュースケールを1:100、詳細レベルを「簡略」、ビューをトリミング、トリミング領域を表示をいずれもオンにする。
ビューの設定
(5) [表示]タブの[グラフィックス]パネル、[表示/グラフィックスの上書き]を選択し、

  • カーテンパネル
  • カーテンマリオン
  • ドア

     をのぞいて、すべて非表示にする。
カーテンパネル、カーテンマリオン、ドア、壁をのぞいて非表示
(6) 不要な壁とドアを選択し、右クリックしてビューで非表示にします。
不要な壁とドアをビューで非表示
(7) ビューをロックします。
ビューをロック
(8) グラフィック表示オプションで、陰線処理を選択し、環境光シャドウをOFFにする。
陰線処理、環境光シャドウをOFF

寸法の作成

次に、寸法を作成します。寸法を3D空間のどの作業面に作成するのか事前に設定してから、寸法を作成します。

(1) [建築]タブの[作業面]パネルの[作業面]
(2) 1FLが作業面であることを確認してOK。
作業面1FLに寸法を作成します。
(3) [注釈]タブの[寸法]パネル、[平行寸法]
(4) 図のように寸法を作成する。
作業面1FLに寸法を追加
(5) [建築]タブの[作業面]パネルの[作業面]で、[面を選択]しOK。
(6) カーテンウォールの端部の面を作業面に指定する。
作業面を変更
(7) 下の図のように寸法を作成する。
垂直寸法を追加

(8) [注釈]タブの[タグ]パネル、[カテゴリ別にタグをつける]で、ドアタグを配置
ドアタグを配置
(9) A-09 建具リスト のシートを開いて、この3Dビューを配置する。
シートに配置
作業面を指定することで、好きな位置に寸法を追加することができます。

2017年1月1日日曜日

建具リストチュートリアル(4)~集計表のイメージ

練習内容

今回は以下の項目について練習してみます。
  • 建具リスト用のドア集計表を作成する。
  • シートにレイアウトする。
  • 建具の絵を追加する。
  • 条件付き書式の設定


練習用ファイルのダウンロード

建具リスト用の集計表をつくる


練習用ファイルを開いて、シートにレイアウトするための集計表を作成します。

(1) プロジェクトブラウザで[集計表]-[建具リスト(ドア)_作業用]を右クリックして複製
(2) 名前を「建具リスト(ドア)_シート」とします。
(3) [並べ替え/グループ化]を下の図のように、建具記号、建具番号の順番になるように設定
並べ替え/グループ化
(4) [書式]で「ファミリとタイプ」「建具・外部」「電気」「自動」を非表示に設定
非表示フィールドの設定
(5) [フィールド]で「外部」という名前の計算式を追加する。式は「=if(建具・外部,"外","内")」とする。
計算式を追加する
(6) 同様に、電気錠、自動扉という名前の計算式を以下の式で追加する。

電気錠   if(電気,"○","-")
自動扉   if(自動,"○","-")

とする。
式のフィールドを追加した集計表

シートにレイアウトする

シートに集計表を追加して、列幅を調整します。
(1) [シート]-[A-09 建具リスト]を開く
(2) 集計表「建具リスト(ドア)_シート」をドラッグドロップして追加
(3) 各列の幅を調整する。幅を数値で指定したい場合は、集計表のビューを開いて、列ヘッダーをクリックして、[列]パネルの[サイズ変更]で変更する。
以下の値を参考に列幅を調整してください。

  • 建具記号・建具番号・幅・高さ    10mm
  • タイプのイメージ                         20mm
  • タイプの説明                              25mm
  • その他                  8mm 

行の高さの調整

 行の高さを変更します。行の高さ自体は数字で指定することはできませんが、イメージが含まれている場合は、イメージの高さを指定することができます。

(1) 「A-09 建具リスト」を開く。
(2) シート上に配置されている集計表を選択
(3) [イメージ]パネルの[サイズ変更]で、12mmに指定。
シートの集計表を選択して、イメージのサイズを変更する

姿図を表示する

STD1とSTD2、STD2Eは姿図がありません。姿図は「タイプのイメージ」なので、ファミリエディタでファミリを開いて、イメージを設定します。

(1) 「建具キープラン 1階」を開き、右上の階段室付近を拡大。
(2) カーテンパネル(スイングが選択しやすいです)を選択し、[ファミリを編集]
(3) [立面図]-[Exterior]を右クリックして、[複製]し、名前を「イメージ」とする。
(4) [表示]タブの[グラフィックス]パネル、[表示/グラフィックス]
(5) [注釈カテゴリ]タブを選択し、[このビューの注釈カテゴリを表示]のチェックをはずす。
注釈を非表示
(6) 縮尺を変更して、開き勝手の一点鎖線が見えるようにする。(1:25ぐらいが適当だと思います。)
(7) [ビューをトリミング][トリミング領域を表示]を選択し、画像の範囲を決める。
トリミング領域を設定する(だいたい100mmx100mmになる)
(8) [R]-[書き出し]-[イメージおよびアニメーション]-[イメージ]
(9) イメージの大きさは大きくする必要は特にないので、だいたい300dpi程度のPNGファイルがいいでしょう。下の図のように設定して、どこか自分で決めたフォルダに保存します。
イメージの設定
(10) [作成]パネルの[プロパティ]、[ファミリタイプ]で、[識別情報]の[タイプのイメージ]をの[…]をクリック
タイプのイメージを設定する
(11) [イメージを管理]で[追加]をクリックし、(9)で保存したイメージファイルを選択し[OK]
(12) ファミリファイルを保存して、[プロジェクトにロードして閉じる]を選択。
(13) プロジェクトファイルで「ファミリは既に存在します」ダイアログボックスが表示されるので、下側の「既存のバージョンとそのパラメータ値を上書きする」を選択。
必ず下を選択
(14) A-09 建具リスト シートを開くと、イメージが追加されたことを確認します。
イメージが追加された

同じ手順を繰り返して、StD2とStD2Eにタイプのイメージを追加します。また、タイプの説明にそれぞれ「姿図参照」と入れます。
完成した建具リスト

条件付き書式の設定


タイプの説明が「姿図参照」となっているドアは、カーテンウォールの一部なので、この幅と高さは参考地となります。参考値であることを知らせるために、幅と高さに条件付き書式を設定します。

(1) 集計表「建具リスト(ドア)_シート」を開く。
(2) ビューのプロパティ[書式]をクリック。
(3) フィールド「幅」を選択し、[条件付き書式]をクリック。
条件付き書式の設定
(4) フィールドを「タイプの説明」、テストを「と等しい」、値を「姿図参照」を選択し背景色をグレーに設定し、OK。
タイプの説明の値で書式を設定する。

(5) 「高さ」フィールドにも同じ設定を行う。

A-09 建具リスト(ドア)_シートを開いて、セルの色が変わっていることを確認します。
条件付き書式が設定された!

次回は、姿図を作成してみます。

2016年12月25日日曜日

建具リストチュートリアル(3)~タグで数式を使う

その前に

Revitに関する一般的な質問があるときはAutodesk CommunityのフォーラムにAutodeeskIDを使って、質問を投げると誰かが答えてくれます。私も時々見ていますので、Revitの操作で疑問に思うことがあれば気楽に投稿してみてはいかがでしょうか?きっと答えが見つかると思います。

質問はこちら、または右のAutodesk Communityのリンクをクリックしてみてください。

準備


今回はドアタグを改造して、建具キープランを使って建具のプロパティをチェックしながら、建具リストを編集します。まずは下のリンクから練習用ファイルをダウンロードして開いてください。

練習用ファイルをここからダウンロード

共有パラメータファイル

このドアだけ変更する

建具キープラン1階を開き、右上の部分を拡大します。階段(2)から外部に出るドアがあるので、これを外部建具に設定します。SD-2はほかにもたくさんあるので、このドアだけを外部建具にします。タイププロパティを変更するので、タイプを複製してから変更します。

(1) 階段室から外に出るSD2のドア(ドアタグではない)を選択。
外部建具を選択
(2) プロパティウィンドゥの[タイプを編集]
(3) [複製]を選択し、名前を「900x2100 外部」とする。
タイプを複製する
(4) タイププロパティ「建具・外部」がグレーの✔なので、これをクリックして、白地に✔の状態とする。グレーの場合は「値が設定されていない」とう意味です。
(5) 建具番号を「2E」とする。
建具番号と建具・外部を設定

こうすることで、他のドアに影響を与えず、指定したドアだけのタイププロパティを変更することができます。
指定のドアのプロパティのみが変更される
ドアタグに情報を表示する
タイププロパティの情報をタグに表示します。

(1) ドアタグを選択し、[ファミリを編集]をクリック。
ファミリを編集
(2) [作成]タブ-[文字]パネル-[ラベル]
(3) [修正|配置]タブ-[書式]パネルで[左に位置合わせ]
書式を指定
(4) 任意の位置をクリック
(5) ラベルを編集ダイアログボックスで、[パラメータを追加]をクリックして、共有パラメータの[選択]、「建具・外部」を選択しOK。
パラメータを追加
(6) ラベルを編集ダイアログボックスで、[fx]をクリック。
(7) 計算値ダイアログボックスで、名前を「外部」、タイプを「文字」とする。
fxをクリック
(7) 計算式に 

  if(建具・外部,"外","")
 
と入力しOK。これは「建具・外部」のパラメータが「はい(☑)」のときは「外」という文字を、そうでない場合は「」を表示する、という意味です。
(8) ファイルを保存して、[プロジェクトにロード]
(9) [既存のバージョンとそのパラメータを上書きする]を選択。

建具キープランに下の図のように表示されます。
建具記号に「外」の文字が表示された
他のドアは「建具・外部」のプロパティがチェックはされているものの、グレー表示(値が設定されていない状態)なので、「外」の字が表示されていません。

上記の手順を繰り返して、「電気錠」や「自動扉」を設定することができます。
自動扉や電気錠を表示するドアタグ
  • 自動扉の計算式は   if(自動,"自","")
  • 電気錠の計算式は   if(電気,"電","")
です。
電気錠や自動扉も同様に設定

タグにパラメータの情報を表示することで、チェックが容易になります。