2017年8月19日土曜日

階段のサブカテゴリ

階段の表示/グラフィックス

表示タブ>グラフィックスパネル>表示/グラフィックスで階段のカテゴリを展開すると下の図のように多くのサブカテゴリが表示されます。これらはいったいどの部分を指しているのでしょうか?
これを英語版で見てみるとこのようになっています。
<の上>って<Above>のことだったのね・・・
今回はこのサブカテゴリをはっきりさせたいと思います。

基本のサブカテゴリをまとめてみる

まず<の上>というサブカテゴリ(英語版の<ABOVE>)は、各サブカテゴリの要素の「平面図の切断位置より上」の部分を示しているので、以下のようにまとめます。

  1. 切断マーク----------Cut Mark----------<の上>あり
  2. 外枠-----------------Outlines-----------<の上>あり
  3. 桁-------------------Supports----------<の上>あり
  4. 段鼻線---------------Nosing Lines------<の上>あり
  5. 蹴上げ線------------Riser Lines---------<の上>あり
  6. 踏み面/蹴上げ-------Treads/Riser
階段の3Dビューと平面ビューを見ながらサブカテゴリが示す部分を見ていきます。

サブカテゴリが示す要素

まず3D表示で、下の図のような鉄骨階段を考えてみます。
鉄骨階段
表示/グラフィックスの上書きを次のように設定します。
<の上>は同じ色で破線にしています。このときの3D表示は下の図のようになります。
3Dビューでは有効なサブカテゴリは「桁」と「踏み面/蹴上げ」
このことから、3D表示に関係しているのは

  • 踏み面/蹴上げ

だけで「○○」と「切断マーク」「外枠」は3D表示には関係ないことがわかります。
平面図
平面図にも同じ表示/グラフィックスの設定をしてみます。
平面図
こちらでは「踏み板/蹴上げ」は平面図の表示には関係ないことがわかります。
段鼻線が点線表示になっているのは踏み板にかくれて隠線扱いとなっているからです。

<の上>

サブカテゴリ○○<の上>とは、平面ビューにおいて切断位置(上の図ではFL+1200)よりも上にある部分の表示を示しています。ですから、<の上>がついているサブカテゴリを非表示にすると
<の上>が非表示の場合
となります。

外枠

外枠とは一体何を意味しているのか?というとこれは「階段の外形」を表示しています。上の図で「外枠<の上>」を表示、「外枠」を非表示とすると
「外枠」非表示、「外枠<の上>」表示
となります。切断線より上は団の表示はいらない、という場合に使います。また天井伏図では外枠と外枠<の上>だけの表示でいいかもしれません。

切断マーク<の上>

切断マークに<の上>があるのはなぜでしょうか?切断マークはダブルラインで表示することができます。以下の手順で変更してみます。

  1. 階段を選択して[タイプを編集]
  2. 切断マークのタイプの[…]をクリック。
    階段のタイププロパティ
  3. 切断線のタイプを「二重線」に変更
  4. OKを数回押してダイアログボックスをすべて閉じる。
すると、下の図のように切断マークがダブルで表示されます。
切断マーク<の上>



蹴上げ線と段鼻線

蹴上げ線とはいったい何を意味しているのかというと、蹴込板と踏板の交わる位置を示しています。断面図と並べてみるとよくわかります。
段鼻線(緑)と蹴上げ線(青破線)
階段経路のタイププロパティ「段鼻の長さ」が0の場合は、蹴上げ線は段鼻線と重なります。

ベストな表示設定は?

以上のサブカテゴリの特性を踏まえて、平面ビューにおいて一番無難な表示設定を探ってみると、最下レベルは別として、<の上>と、外枠と蹴上げ線は非表示としておいたほうが無難だと思います。
<の上>と外枠・蹴上げ線をOFF
また、切断マークも単線で十分です。なぜなら段鼻線の位置が上下階でそろっているのであればうまく機能しますが、
上下の階段の段鼻線がそろっている場合
少しでもずれていると、結局単線と変わらないからです。
上下の階段の段鼻線がそろっていない場合
また、階段パスも、色々な場合に対処することを考えると今のところ「固定された上方向」がもっとも適用範囲が広いといえるでしょう。
階段パス:固定された上方向

2017年8月12日土曜日

180度を超える角度寸法

180°以上の角度寸法は作れないのか?

Revitでは180°以上の角度寸法を作成しようとすると、自動的に内角側(180°以下)に寸法が移動してしまいます。確かに実用上の問題はありませんが、180°以上の角度寸法は全く作成不可能なのでしょうか。実はちょっと無理がありますが、できないことはないのです。
180度を超える寸法を作成するには?
どうしても必要な場合は以下の手順をフォローしてみてください。

作成手順

上図にあるような壁の角度寸法を作成してみます。
  1. ①、②の2本の詳細線分を作成します。基準となる水平の詳細線分から180°以内に収まるようにいったん作成します。
    2本の詳細線分を追加
  2. 注釈タブ>寸法パネル>角度寸法
  3. 水平線、①、②と選択して角度寸法を作成。
    3つの線を選択して角度寸法を作成
  4. ①の線を回転して、目的の位置(この場合は斜めの壁)に合わせる。
    ①の線を目的の位置に回転して移動
  5. ②の線を回転して、①を「少しだけ」超えた位置におく。(矢印が反転するように)
    ②の線を回転して移動
  6. ②の線を右クリック>ビューで非表示>要素(②用の線種を作成してカテゴリで非表示でも良い)
    ②を非表示にして完成

使用上のご注意

円は一周360°であり、内角を表示しようが、外角を表示しようが測定誤差の心配はありません。ここでご紹介した方法は、あくまでも最終手段として慎重に適用を検討してください。どうしても!という場合以外は普通に内角を表示するようにするべきだと思います。


2017年8月5日土曜日

プロジェクトパラメータを共有パラメータにする

プロジェクトパラメータを共有化したい!

プロジェクトパラメータは集計表には表示されますが、タグに表示することはできません。しかし、いったんプロジェクトパラメータとしてプロジェクトに追加したら、あとから共有パラメータに変更することはできません。
たとえば、下の図はRevitのサンプルプロジェクトを開いて、管理タブ>プロジェクトパラメータで表示した「Closer」パラメータのプロパティです。
プロジェクトパラメータを共有パラメータにするには?
このようにプロジェクトパラメータが選択されていて、グレーアウトして編集することは不可能です。このプロジェクトパラメータを共有パラメータに変更してみましょう。なお、以下の作業はRevitUserToolsがあることが前提です。残念ですがLTは不可です。RevitUserTools(以下RUTS)は右のリンクからダウンロードできます。

引っ越し先の作成

プロジェクトパラメータを共有化すること自体はできないので、いったんこのプロジェクトパラメータを削除して、新たに同じ名前、同じプロパティのパラメータを共有パラメータとして作成し、プロジェクトに追加します。
しかし、単純にプロジェクトパラメータを削除してしまうと、値がなくなってしまいます。そこで、いったん「引っ越し先」を作成します。

  1. 管理タブ>設定パネル>プロジェクトパラメータ
  2. 共有化したいパラメータを選択してOK
  3. パラメータの名前、専門分野、パラメータタイプ、パラメータグループ、タイプかインスタンスか?、カテゴリ をすべてメモしてOK。
    パラメータの属性をメモ
  4. [追加]を押して、名前を「Closer引っ越し」として、その他の設定はすべて同じにしてOK。
    名前だけ変えてあとはすべて同じ
  5. OKしてダイアログボックスを閉じる。

パラメータの値を引っ越す

RUTSを利用して、パラメータの値を作成した引っ越し先にコピーします。
  1. RUSTタブ>Parameterパネル>パラメータ間コピー
    パラメータ間コピー
  2. カテゴリ、タイプorインスタンス、コピー元、コピー先を指定してOK。
    パラメータをコピーする

プロジェクトパラメータを削除

共有パラメータに変更したいプロジェクトパラメータを削除します。
  1. 管理タブ>設定パネル>プロジェクトパラメータ
  2. 目的のパラメータ(ここではCloser)を選択し、[削除]
  3. 警告が出ますが、[はい]を選択し、[OK]

共有パラメータを作成してプロジェクトに追加

  1. 管理タブ>設定パネル>共有パラメータ
  2. グリープの[新規作成]をクリックし、適切なパラメータグループを作成してOK.
  3. パラメータの[新規作成]
  4. パラメータプロパティで、元のパラメータと「名前」「専門分野」「パラメータタイプ」を同じにしてOK。
    名前、専門分野、パラメータタイプを元のパラメータと同じにする
  5. OKしてダイアログボックスを閉じる。
  6. 管理タブ>設定パネル>プロジェクトパラメータ
  7. [追加]
  8. 「共有パラメータ」を選択し[選択]
  9. 上で作成した共有パラメータを選択してOK
    共有パラメータを指定
  10. パラメータグループ、タイプorインスタンス、カテゴリを同じものを選択してOK。
    パラメータグループ、タイプorインスタンス、カテゴリを同じにする
  11. OKしてすべてのダイアログボックスを閉じる。

引っ越し先のパラメータの値を共有パラメータにコピー

いったん引っ越し先にコピーしておいたパラメータを、共有パラメータに戻します。
  1. RUTSタブ>Parameterパネル>パラメータ間コピー
  2. カテゴリ、コピー元、コピー先を選んでOK.
    引っ越し先から共有パラメータへコピー
  3. 管理タブ>設定パネル>プロジェクトパラメータ
  4. 引っ越し先のパラメータ(ここではCloser引っ越し)を選んで[削除]。
  5. 警告が出ますが[はい]を選択して、OK。
以上で、プロジェクトパラメータを共有化することができました。これで、ファミリでこのパラメータを利用できます。
ファミリで共有パラメータを利用できるようになりました。



2017年7月30日日曜日

改訂(2)

強制的に改訂を表示する

シートの改訂プロパティ
改訂はシートに配置しているビューに、改訂に関連付けられた雲マークがあれば自動的に改訂表に表示されますが、雲マークがなくても強制的に改訂表に表示することができます。シートビューのプロパティ「シートの改訂」の編集ボタンをクリックすると下の図のようなダイアログが開きます。
チェックを入れれば強制的に表示される
すでに雲マークがある改訂はグレーになっていますが、任意の改訂にチェックを入れれば、改訂表に表示することができます。

改訂表の行数は固定

しかしながら、図面枠に仕込んだ改訂表は、集計表をシートに配置したときのように分割することができません。つまり行数=表示可能項目数が決まっています。
改訂表の表示項目数を超えて改訂が生じたら?
では、改訂がシートの改訂表の行数以上になるとどのように表示されるのでしょうか?
答えは、最新のものから表示可能項目数分だけ表示されます。図面枠に対して縦に改訂表を入れることができればある程度の項目数を表示できますが、図のように横型の場合は表示数が限られてしまいます。シートの改訂プロパティで改訂10までチェックを入れてみると
新しいものだけが表示される
このように新しいものから表示項目数分だけ表示されます。

改訂の行数を可変にする

スペースを気にせず、とにかくすべてを表示したい場合は、ファミリエディタで図面枠のファミリを作るときに、改訂表の外観プロパティで高さを「変数」にしておきます。
高さを変数にしておく
図面枠のスペースさえ気にしなければ、すべての改訂を表示することができます。
表の高さは改訂の項目数に応じて増えていく

改訂を発行する

改訂が修正されるなどして、状況がFIXされたならば、改訂を「発行」して、雲マークや改訂タグなどをロックすることができます。
表示タブ>シート構成パネル>改訂
いったん発行にチェックが入ると、雲マークを削除したり、内容を変更したりすることができなくなります。
発行された改訂に関する雲マークは編集できません。
ただ、改訂のチェックを外せば、元通り編集できるのであまり強力なロックとは言えないので注意が必要です。

改訂雲マークの非表示

改訂の表示で「なし」を選択すると雲マークやタグを全てのビューで非表示とすることができます。
雲マーク・タグをすべてのビューで非表示にできる。
たとえば、改訂作業が終わった改訂は、雲マークを非表示にしてもいいでしょう。雲マークは表示されていないだけなので、いつでも復活させることができます。

2017年7月22日土曜日

改訂(1)

変更を管理する

プロジェクトに変更が生じた場合、その改訂を記録することは重要です。Revitの「改訂」を使えば、変更履歴を効率的に管理することができます。
変更情報の管理をRevitに集約
今回から数回にわたり、この優れた改訂機能を解説します。ぜひ仕事に役立ててください。

改訂履歴付きの図面枠

改訂を利用するには次のファミリが必要です。

  • 改訂表がある図面枠
  • 改訂タグ

改訂履歴は改訂表という集計表に表示されますが、改訂表はちょっと変わっていて、図面枠ファミリにしか表示できません。改訂表をもつ図面枠のファミリを作成してみましょう。(改訂タグは今回は標準ライブラリにある改訂タグを使います。)

【手順】

  1. ファイル>新規作成>ファミリ
  2. Japaneseフォルダ>図面枠フォルダ>任意のテンプレートを選択(ここではA3 メートル単位.rftを選択しました)して開く
  3. 線分やラベルを使って、図面枠に必要な要素を作成する。
    線分とラベルで図面枠に必要な要素を作成
  4. 表示タブ>作成パネル>改訂表
    改訂表
  5. 改訂番号、改訂日付、改訂の説明を選択し順番を整えます。
    改訂表に表示するフィールドを設定
  6. 並べ替え/グループ化で改訂番号で並べ替え、各インスタンスの内訳はOFFにしておきます。
    並べ替え/グループ化
  7. 外観タブで文字や枠線を指定しOK。
    タイトルOFF 見出しON
  8. 見出し欄を適切な名前にします。
    見出しを編集
【図面枠への配置手順】


  1. プロジェクトブラウザ>シート>-をダブルクリックしてシートを開く
  2. プロジェクトブラウザ>集計(集計表)>改訂 をドラッグしてシートに配置
    改訂をドラッグドロップで配置
  3. 改訂表の幅や高さを調整します。
  4. ファミリを名前を付けて保存し、プロジェクトにロードします。

基本的な使い方

1. ナンバリングの原則を決めよう!

改訂のナンバリングは
  • プロジェクトで一貫
  • シートごと
の二つから選択することができます。プロジェクトの途中で変更すると、番号が変わってしまい混乱するかもしれません。どちらを選択しても一貫性は保たれますので、見た目のわかりやすさの問題です。

(1) プロジェクトで一貫した改訂番号を用いる場合

プロジェクトで一貫して同じ番号を用いれば、すべての図面で同じ改訂番号を参照することができます。しかし、シートの改訂表に表示される改訂番号は欠番が目立つかもしれません。なぜなら改訂表にはそのシートに表示されている改訂しか表示しないからです。

(2) シートごとの改訂番号を用いる場合

一方、シートごとに番号をふれば、シート状の改訂表の番号は欠番なく並ぶことになりますが、同じ改訂でもシートごとに番号が異なることになります。

(3) 設定方法

  1. 表示タブ>シート構成>改訂
  2. 番号付けグループの「プロジェクトあたり」または「シートあたり」を選択
    番号付けのルールを指定
シートあたりを選択すると、「改訂番号」の列が消えます。これはシート内に存在する改訂をすべて集め、順番にならべて、上から自動的に番号を割り当てるから、ここで決めることができないからです。以降は「プロジェクトあたり」を選択したとして話を進めます。

2. 改訂を作成する

プロジェクトに変更が生じたら、以下の手順で改訂を登録します。
  1. まず何が改訂されたかを記録する。
  2. 各シートのビューに改訂雲マークを作成し改訂を割り当てる。
  3. 改訂雲マークに改訂タグを付ける。
  4. 改訂を発行する。

(1) 改訂を記録する


  1. 表示タブ>シート構成>改訂
  2. 番号付けに「数値」日付に改訂が発生した日付(例:2017.07.01)、説明に改訂の内容、発行元に改訂を発行した責任者の名前を設定する。
    改訂の登録
  3. 改訂が発生するごとに[追加]ボタンを押してこの手順を繰り返し、改訂情報を登録する。

(2) 改訂雲マークを作成し、改訂番号を割り当てる


  1. 改訂を行ったビューを開く。
  2. 注釈タブ>詳細パネル>改訂雲マーク。
  3. 描画パネルから適切なツール(例えば長方形)を使って、改訂部分を囲む(複数可)。
    改訂雲マークを作成
  4. プロパティウィンドウで改訂を選択。
    改訂を選択
  5. モードパネル>✔

(3) タグを付ける

  1. 挿入タブ>ライブラリからロード>ファミリをロード
  2. 注釈フォルダ>改訂タグ.rfa を選択し開く
  3. 注釈タブ>タグパネル>カテゴリ別にタグを付ける
  4. 改訂雲マークを選択してタグを付ける。
    改訂タグを作成する
  5. ビューを表示しているシートを開く。
  6. 図面枠のタイプを冒頭で作成した改訂表つきのシートに入れ替える。
  7. 改訂が表示されていることを確認する。
    シートに改訂情報が表示される
これを関連するビューで繰り返す。
例えば立面図でも改訂雲マークを作成し、同じ改訂を割り当てる

(4) 改訂の発行

改訂の発行とは、改訂を固定する、編集不可能にするということです。これはちょうど要素をピンでとめるのと似ています。改訂を発行すると発行を解除するまで改訂雲マークを削除することができなくなります

    1. 表示タブ>シート構成>改訂
    2. 確定した改訂の発行をチェックする。

    一貫した変更履歴(改訂)管理

    変更情報を管理することはプロジェクトを運営するうえで重要です。一般にこうした情報は散逸しやすく見つけるのが困難です。エクセルで管理してもいいですが、やはりRevitでモデルや図面の情報と統合して管理したほうが断然便利です。
    ぜひとも、プロジェクトの情報をRevitに集約して、効率的な変更管理を行ってください。