2017年5月20日土曜日

計算式を使ったファミリ

計算式を活用しよう

ファミリのパラメータは、計算式を使うことでいろいろな制限ができます。今回は計算式に関するいくつかのヒントをご紹介します。

面取りの長さ

下の図のような角が面取りされたファミリを考えてみます。面取りの距離(下の図ではA)ではなく、面取りの長さで距離を指定したい場合はどうすればいいでしょうか?
面取りの長さで指定するには?

まずは次の手順でファミリを作成してみます。ここで大事なのは、面取り部分のスケッチラインの拘束方法です。
  1. [R]>新規作成>ファミリ
  2. 「一般モデル(メートル単位).rfa」
  3. 下の図のように参照面を作成し、寸法をつけ、寸法にラベルをつけてパラメータ化します。
    参照面に寸法を作成し、寸法にラベルを付ける
  4. 作成タブ>フォームタブ>押し出し
  5. オプションバーのロックにチェックを入れる。スケッチラインを確実に参照面にロックしましょう。
  6. 描画パネル>選択(緑色の線のアイコン)
  7. 上下左右の参照面を選択してスケッチラインを参照面にロック
    スケッチラインを参照面にロック
  8. 修正パネル>位置合わせ
  9. 内側の参照面①を選択、スケッチラインの端点②を選択(端点●がハイライトされます)
    位置合わせ
  10. 鍵アイコンをクリックしてロック。
    ロックする
  11. これを繰り返して、残りの端部を参照面にロック。
    端部をロック
  12. 描画パネル>線分で面取り部をつなぐ。
    スケッチ完成
  13. モードパネル>✔
  14. プロパティウインドウの押し出し終端のボタンを押して、新しいパラメータボタンを押し、T1というパラメータを作成。
    パラメータT1を関連付け
  15. 同様に押し出し始端にT2というパラメータをつける。
  16. プロパティパネル>ファミリタイプ
  17. Aの値を200に変更して適用し、正しく機能するか確認します。

面取りの長さLをパラメータにする

面取りの長さをLとして計算式で表すと
  • A=L*sin(45)
  • A=L/sqrt(45)
などと表すことができます。面取りの長さをLとしてパラメータを追加します。
  1. プロパティパネル>ファミリタイプ
  2. 新しいパラメータボタンをおし、「L」パラメータを追加
    パラメータLを追加
  3. パラメータAの「式」の欄に L * sin(45) と入力、「°」は自動的に付加されます。半角で入力して下さい。パラメータの大文字小文字は区別されます。
    L*sin(45)
  4. Lの値を100として適用、Aの値が変わることを確認します。
    面取りの長さを100に
  5. 式の中に変数(この場合はL)が一つしかないので、Aの値を変更してもLの値を変えることができます。

厚さをコントロール

厚さにはT1、T2のパラメータをつけました。総厚をTとして、それぞれ0.5*Tを設定してみます。
  1. プロパティパネル>ファミリタイプ
  2. 新しいパラメータボタンをおし、「T」パラメータを追加
  3. T1の計算式に 0.5*T 、T2の計算式に -0.5*Tとする。
  4. T の値に 400 と入力し適用ボタンを押し、T1,T2の値が変わることを確認
    T1とT2の値を計算式で設定

使える関数

このようにファミリの値を制御するために計算式を使うことができます。以下のような関数が使えますが、どのように使うかはヘルプ(2017 2018)を参照してください。
  • 加算: +
  • 減算: -
  • 乗算: *
  • 除算: /
  • 指数: ^: x^y、xの y 乗
  • 対数: log
  • 平方根: sqrt: sqrt (16)
  • 正弦: sin
  • 余弦: cos
  • 正接: tan
  • 逆正弦: asin
  • 逆余弦: acos
  • 逆正接: atan
  • 10 の x 乗—exp(x)
  • 絶対値: abs
  • Pi—pi (3.1415926...)
  • 最も近い自然数に丸め:round(X)
  • x 以上の最も大きな自然数に丸め:roundup(X)
  • x 以下の最も小さい自然数に丸め:rounddown(X)

2017年5月14日日曜日

RUTS2017 更新

集計表EXCEL出力

RUTS2017に新たなコマンドを追加しました。右のリンクまたはここからダウンロードできます。今回は集計表のデータをそのままエクセルに出力するコマンドです。

【使い方】


  1. EXCELを開いておきます。
  2. Revitで集計表のビューを開きます。
  3. RUTSタブ>EXCELパネル>集計表EX出力
    集計表EX(CEL)出力
  4. Excelに新しいシートが作成されて、集計表の情報が出力されます。
    集計表がそのまま一瞬でエクセルに出力されます
大変安直ですし、テキストファイルに出力して、エクセルで読み込めば同じことができるのですが、様々な設定の手間が省けるし、一瞬でエクセル化できるので、よりお手軽ではないかと思って作成しました。
ただし、このコマンドで出力したエクセルのデータを集計表に戻すことはできませんのでご注意ください。

CH寸法

これは少し前のバージョンからあったのですが、断面図や展開図で天井高の寸法を作成するコマンドです。

【使い方】

  1. 立面ビューまたは断面ビューを開きます。
  2. RUTSタブ>作図パネル>CH寸法
    CH寸法
  3. 天井・屋根または床を選択すると直下の床(レベルではありません)まで寸法が作成されます。天井または屋根を選択した場合は、作成された寸法に「CH」が接頭辞として追加されます。
    天井を選択するとCH寸法、床を選択した場合は寸法だけが作成されます。
  4. [ESC]で終了。
ちょっとしたコマンドですが、天井を選択するだけでCH寸法が作成できますし、いちいち天井や床の面を選ぶ必要がないので、ストレスがなくてよいのではないかを思います。
選択した面の真下に床がない場合は寸法は作成されません。

ぜひお試しいただき、ご意見をお寄せください。

2017年5月6日土曜日

矢印

矢印のタイプ

矢印は主に引き出し線の先端と寸法の矢印として使用します。寸法タイプも文字タイプもタグのタイプも階段の矢印も「矢印のタイプ」が必要です。矢印のタイプは

管理タブ>設定パネル>その他の設定▼>矢印

で設定します。ここで表示されるタイププロパティダイアログボックスの矢印のスタイルは以下のような種類があります。設定可能なプロパティと合わせて一覧を作成しました。なお、2017は日本語訳がめちゃくちゃなので、英語表記も添付しています。
ティックサイズは記号の大きさを示します。
こうしてみるとティックマークがチェックマークになっていたり、Dotが点線だったり、終了矢印?などと翻訳は???なところもありますが、矢印自体は使えるものが多く含まれています。(矢印の形状を自作することはできません。)
この画像は文字から右に水平に引き出した引き出し線の先端を示しています。

タイププロパティの意味

塗り潰しチェック

Fill Tick?なので「矢印を塗潰しますか?」「☑はい/□いいえ」です。効果は図の通りです。

終了矢印

Arrow Closed?なので「矢印を閉じますか?」「☑はい/□いいえ」ということですね。Fill TickがYesの場合は、☑も□も効果は変わりません。

ティックサイズ=印刷時の長さ

この表のティックサイズは各記号の直径、四角形の辺の長さ、三角形の高さなど、一番外々の長さを示しています。これは印刷時の長さで指定します。この表では仮に3mmとしています。寸法の●などにはA1ならば0.8mm、A3ならば0.4mm程度が適当でしょう。

矢印幅の角度

全く意味不明な訳ですが、英語表記は「Arrow Wdith Angle」となっていて、矢印の開き角度のことを示しています。

太ペン

太ペン(Heavy End Pen Weight)は太チェックマーク(Heavi End Tick Mark)の線の太さのことで
管理タブ>設定パネル>その他の設定>線の太さ 注釈線の太さタブ 
の番号を指定します。

大変基本的な内容ですが、矢印の形状がわかるリストがヘルプに見当たらないのでまとめてみました。テンプレートを整備する場合の参考にしてください。

2017年4月30日日曜日

パラペット(2) ~ ハト小屋

立ち上がり部分のあご

今回は塔屋やハト小屋など、立ち上がりの防水部分についてです。あごまでの高さをコントロールできるように作成してみましょう。
こんなハト小屋を作ってみます

プロファイル

前回のあご部分のプロファイルと、先端の高さをそろえて、下の図のようなプロファイルを準備します。今回は外壁の外側にあごが突き出すように作成するため、前回とは向きがことなります。
増打部分のプロファイル
ポイントは左上の20mmの水平部分です。この部分は、上部のかべの仕上や増し打ちに合わせて調整します。今回はこのパラペットの上の壁の増し打ちを20mmと想定しています。
次に躯体の部分ですが、これは上の増し打ち部分のプロファイルに重ならないように注意して作成します。
躯体部分のプロファイル


壁タイプへの適用

(1) 躯体180mm、防水層10mmの壁タイプを作成。
(2)サンプルの高さを「600」、プレビューボタンを押してビューを「断面図:タイプ属性を修正」を選択
ビューを断面図にすると垂直部材の編集が使えるようになる
(3) 壁の造作材(壁のスイープ)をクリックし、下の図のように壁の先端にスイープを追加する。
壁のスイープで作成したプロファイルを壁の上端に追加する。オフセットは防水層分の10mm
(4) OKを押してプレビューを確認し、OKで壁タイプの編集を終了する。
プレビューを確認する

重ね壁

あご部分の上に壁を加えるには、重ね壁を使うと便利です。もう一つ壁タイプを作成し、下の図のような外壁増し打ちが20mm、躯体180mmとします。
次に、重ね壁を作成します。
(1) プロジェクトブラウザ>ファミリ>壁>重ね壁の任意のタイプを右クリックして複製し、適切な名前を付けます。
(2) (1)で作成した壁タイプのノードをダブルクリックして壁タイプ編集ダイアログボックスを開きます。
(3) 構造プロパティの編集ボタンをクリック。
(4) 下の図のように設定し、パラペット立ち上がりの高さを設定(ここでは600)します。
重ね壁の設定

ハト小屋を作ってみる

それでは実際に使ってみます。
(1) 平面ビューを開いて、建築タブ>ビルド>壁
(2) タイプセレクタで作成した重ね壁のタイプを選択。
(3) オプションバーで「見上げ」「指定」「2000」、配置基準線を「躯体の中心」
(4) 描画パネルで「長方形」
タイプセレクタ・オプションバー・描画パネルの設定
(5) 任意の2点をクリックして、矩形の壁を描画
矩形で壁を描画
これで高さ2000mmのハト小屋の壁の部分はできました。
ハト小屋の壁

屋根

ハト小屋の屋根を作成します。これは素直に屋根を使うと屋根勾配が取りやすいです。
(1) 平面ビューを開いて、建築タブ>ビルド>屋根
(2) 適切な屋根タイプを選択し、オプションバーの「勾配」のチェックをはずして、下の図のようにスケッチラインを作成。
(3) スケッチラインのうち1本を選び、オプションバーの「勾配を定義」を✔
(4) △マークの角度をクリックして「=1/100」と打ち込みENTER
スケッチラインの1本だけ勾配を定義する
(5) モードパネル>✔
(6) ハト小屋の壁を選択して、屋根にアタッチする。
これでハト小屋ができました。
完成したハト小屋
断面図
壁の上端を屋根にアタッチしておけば、屋根のレベルを変更するだけで壁の高さも変わります。
プロファイルを工夫すれば様々な形状のパラペットに対応できます。

2017年4月22日土曜日

パラペット(1)

お話の前に、以下のURLでRevit2018のHELPが公開されています。どのような機能が追加されたか、確認してみてください。
http://help.autodesk.com/view/RVT/2018/JPN/

コンクリートあご

さて、今回は防水立ち上がりのコンクリートあごの作成方法についての考察です。立ち上がり部を壁で作成し、あごはプロファイルを使って作成すると、立ち上がりの高さを壁の高さでコントロールできて便利です。
こんなパラペットを作ってみます

壁のタイプ

壁のレイヤは外側から順に

  • 外部仕上ふかし 20mm
  • 躯体     180mm
  • 防水層    10mm

の三レイヤとします。任意のプロジェクトを開いて、壁タイプを作成します。

(1) プロジェクトブラウザ>ファミリ>壁>標準壁 の任意のノードを右クリック>複製
(2) 追加されたタイプを右クリック>名前変更で「パラペット」としOK
(3) パラペット をダブルクリックしてタイプを編集ダイアログボックスを開く
(4) 構造プロパティの[編集]ボタンをクリック。
(5) 各レイヤを追加する。マテリアルは適宜作成して設定する。
レイヤを追加・編集
(6) OKを2回押してタイプ編集を終了する。

プロファイル

笠木(あご)の部分のプロファイルを準備します。あごの部分を躯体仕上に分けて2つ、それと壁を切り欠くプロファイルを一つ準備します。

仕上のプロファイル

パラペットの形状に応じて自由にプロファイルを作成します。プロファイルは簡単に言えば「断面形状」で、どのような形状でも作成可能です。
(1) [R]>新規作成>ファミリ
(2) 「プロファイル(メートル単位).rft」を選択し開く
(3) プロパティウィンドウのプロファイルの用途プロパティを「壁の造作材」に設定。
(4) 以下のように仕上の部分をスケッチする。参照面の交点を外壁面の天端と考え、第3象限にスケッチする。
第3象限にスケッチする
(5) [R]>名前を付けて保存 で「プロファイル_パラペット_仕上」として保存。
(6) ファミリエディタパネル>プロジェクトにロード をクリックする。
(7) プロジェクトの画面に切り替わるので、CTRL+TABを何度か押してプロファイルの画面に戻す。

躯体のプロファイル

躯体のプロファイルを作成します。プロファイルが重なったらエラーになるので、「プロファイル_パラペット_仕上.rfa」をベースに改造して使います。
(1) [R]>名前を付けて保存>ファミリ で名前を「プロファイル_パラペット_躯体.rfa」として保存する。
(2) 内側の部分だけを残し、他を削除。さらに底辺を下の図のように追加して躯体のプロファイルを作成する。
仕上プロファイルの内側を使って躯体のプロファイルを作成
(3)  ファミリエディタパネル>プロジェクトにロード をクリックし、プロジェクトにロードする。

壁を切り欠き用のプロファイル
仕上と躯体を壁の上部にくっつけた分、壁を切り欠くのですがそのためのプロファイルを作成します。単なる長方形のプロファイルです。やはり参照面の交点が挿入点(外壁面天端)なのですが、今度は第4象限に作成します。
(1) [R]>新規作成>ファミリ
(2) 「プロファイル(メートル単位).rft」を選択し開く
(3) プロパティウィンドウのプロファイルの用途プロパティを「壁の化粧目地」に設定。
(4) 下の図のような矩形を第4象限に作成
切り欠き用プロファイルを「壁の化粧目地」として作成
(5) [R]>名前を付けて保存>ファミリ で 「プロファイル_パラペット_壁.rfa」として保存する。
(6) ファミリエディタパネル>プロジェクトにロード でプロジェクトにロードする。

壁の造作材・化粧目地の設定

ロードしたプロファイルをパラペットの壁タイプに適用します。

(1) プロジェクトブラウザ>ファミリ>壁>標準壁>パラペット のノードをダブルクリックしてタイプ編集ダイアログボックスを開く。
(2) 構造プロパティの編集ボタンをクリック
(3) サンプルの高さを「600」、プレビューを押して、ビューを「断面図:タイプ属性を修正」に設定。
サンプルの高さを「600」、プレビューをおして、ビューを断面図にする
(4) 壁の造作材ボタンをクリック
(5) 追加ボタンを2回おして、ロードした「プロファイル_パラペット_仕上」「プロファイル_パラペット_躯体」を追加し、基準を「上」、壁を切り取るを「□」、マテリアルを壁タイプのレイヤ1とレイヤ2と同じものに設定する。適用ボタンを押して、正しい位置にプロファイルがあることを確認してOK。
※ここでのポイントは「壁を切り取る」をOFFにすることです。これをOFFにしないと、(6)以下の手順でエラーになります。切り取りは切り取りプロファイルに任せます。
壁の造作を追加
(6) 化粧目地ボタンをクリック。
(7) 追加ボタンを押して、ロードした「プロファイル_パラペット_壁」を追加し、基準を「上」として適用ボタンをおして、正しい位置にプロファイルがあることを確認してOK。
化粧目地を作成
(8) OKを何度か押して、タイプ編集を終了する。

※2016までは、壁の造作は「壁のスイープ」、化粧目地は「壁のリビール」という正確な訳だったのですが、2017では翻訳がさらに悪化し、あちらこちらに誤訳が散見されます。

パラペットの作成

作成したパラペットを実際に使用してみます。

(1) R階などパラペットを配置するのに適切な平面ビューを開きます。
(2) 建築タブ>ビルド>壁
(3) タイプセレクタで「パラペット」を選択
(4) オプションバーで「見上げ」「指定」「600」「躯体の中心線」と設定し、必要な位置にパラペットを作成します。
(5) コーナーへトリムや単一要素をトリムなど、普通の壁と同様に編集できることを確認します。
普通の壁と同様にパラペットを作成
断面図をみて、パラペット天端が600になっていることを確認します。
パラペットの天端までの距離
上の図はラインワークを使って、パラペットの仕上と躯体の境界線を破線表示にしています。プロファイルを作成すれば、いろいろな形状のパラペットが作成できます。
完成したパラペット
次回はハト小屋などの立ち上がり部のあごを作ってみます。

2017年4月15日土曜日

躯体ボリュームを拾う(2)

金額を設定する

集計表に単価を設定して、合計金額を求めてみます。まずマテリアルに単価を設定します。

  1. 管理タブ>設定パネル>マテリアル
  2. 目的のマテリアルを選択し、コストに単価を設定
    マテリアルに単価を設定

集計表の修正

前回作成した集計表を開きます。

  1. プロパティウィンドゥでフィールドプロパティの編集ボタンをクリック
  2. 「マテリアル:単価」を選択し追加
  3.  書式タブで「マテリアル:単価」を選択し、見出しを「単価(\/㎥)」位置合わせを「右」に設定する。また、形式ボタンを押して書式を設定。

書式タブ
集計表は次のようになります。
集計表

計算フィールドの追加

「体積×単価」の計算フィールドを追加します。

  1. フィールドプロパティの編集ボタンをクリック
  2. fxをクリックし計算値として名前は「金額」、タイプに「通貨」、計算式に「マテリアル: 体積 * マテリアル: 価格」と入力しOK
    計算式のフィールド

すると、単位が一致しません、という警告が表示されます。
単位が一致しません
マテリアル:体積は㎥、価格は¥なので答えが ㎥×\ となり、通貨の単位と異なります。この単位の違いを解決する方法は簡単で、式の一番後ろに「/1」を加え、1で割るといいのです。

  1. 計算式を「マテリアル: 体積 * マテリアル: 価格 /1」と入力しOK
  2. もう一度計算式の編集ボタンを押すと、「マテリアル: 体積 * マテリアル: 価格 / 1 m³」となって、自動的に単位 m³ が追加されていることを確認します。

単位㎥は自動的に追加される

  1. 書式タブで、「合計値を計算」を選択、その他の設定を以下のようにする。

書式タブ
集計表は以下のようになります。
金額を計算した集計表
強度(単価)の異なるコンクリートを使用する場合は、それぞれのマテリアルを準備しておいて、ファミリに割り当てればマテリアルごとの合計も求めらます。

打設日ごとに色分けする

Dateの値に応じて部材を色分けするにはフィルタを使います。

フィルタの作成


  1. 表示>グラフィックス>フィルタ
  2. フィルタグループの下部左端の「新規作成」をクリックし、名前を「Date_20170401」とする。
  3. カテゴリグループで、一般モデル、壁、床、構造フレーム、構造基礎、構造柱に✔
  4. フィルタ規則グループで、フィルタを「Date」、「等しい」、「20170401」
    フィルタの作成
  5. 適用

以上の手順を繰り返して、各Dateの値ごとの規則によるフィルタを作成する。

ビューへ適用

3Dビューにフィルタを適用して色分けします。

  1. 任意の3Dビューを開く
  2. 表示タブ>設定>表示/グラフィックス
  3. 追加ボタンをクリックし、上記で作成したフィルタをすべて選択し、OK
  4. それぞれのフィルタのサーフェスと切断面に色と塗潰しパターンを設定しOK
    フィルタの設定

プロパティに応じて3D表示を色分けすることができました。
打設日で色分けした躯体
表示/グラフィックスダイアログのフィルタタブで、表示チェックボックスをOFFにすれば、
表示のチェックをはずしてフィルタに引っかかる要素を非表示にする
Dateプロパティが設定されていない躯体を素早く見つけることができます。
Dateプロパティを入力していない要素を発見!